サプリでダイエットをする女性

ダイエットサプリは海外のものが効果があります

ダイエットサプリには脂肪燃焼効果や糖質・糖の吸収を抑える効果、デトックス効果や食欲を抑える効果などがあります。
日本製品よりも海外製品のほうが効果が高いのをご存知でしたか。
その理由は、1粒に含まれている有効成分量が多いことが挙げられます。

日本人の体型と外国人の体型の違いから、配合しても良い成分量の基準が異なるため、サプリメントを作っている国の人の体型や体質に合わせた量となっています。
そのため、日本人が摂取をすると成分量が多くなってしまう事があり、日本製品よりも効果を得られると勘違いしてしまいます。

また、肥満大国とも言われているアメリカと比べますと、日本で言われている肥満とは全くことなります。
そのような大きな身体に対応する事が出来るサプリメントを作らなくてはいけないため、どうしてもダイエットサプリの成分量が大きくなってしまいます。

サプリメントは一般的に、ダイエット目的であったとしても食品という分類に当てはまります。
このことから、どうしても危機管理能力が低くなってしまい、海外製品であったとしても安全だろうと思われがちです。
しかし、国ごとにサプリメントに含まれる成分量の基準値は異なりますので、海外ではサプリメントの分類であったとしても、日本では薬という風に位置付けられる場合もあります。

もちろん薬とは異なり絶対の効果は期待出来ませんので、人によって問題なく使用する事も出来れば、身体に合わなくて体調を崩す事もあるでしょう。
海外製品のダイエットサプリを使う場合は全て自己責任となります。
使用する場合には必ずリスクがあるという事を理解した上で服用するようにしましょう。

また、インターネットで購入をする場合には、事前にサプリメントの情報を集めて日本人が服用しても問題ないかどうか、どんな成分が入っているのかというのをチェックしたほうが安全です。
何かあった場合問い合わせをしてもきちんと連絡が取れるかどうかというのも確かめておきましょう。

そもそもサプリと薬の違いってなんだ?

薬とサプリメントって形状も似ていることから、同じような感じがしますが実ははっきりとした違いがあります。
薬は基本的に、病気の治療や予防をする事が目的となっており、成分も作り方も細かく管理されているという特徴が挙げられます。

一方でサプリメントは栄養補助食品や健康補助食品、特定保健用食品などの総称であり健康を維持するために、不足している成分を補うことを目的として作られているものです。
病気の治療や予防を目的とはしていないため、法律で身体の構造や影響するような表示をする事は認められていません。
服用する時間も明確に書かれていませんし、これを飲めば絶対に痩せるといった表記もしてはいけません。

ダイエットサプリには様々な種類がありますので、購入をする際には必ず製造元をチェックして安心出来る商品かどうかというのを確かめる必要があります。
また、サプリメントは食品にあたりますので、保存方法や賞味期限も明記されていなくてはいけません。

海外製品の場合ですと、沢山の英語が羅列されていて、チェックをするのが面倒だと思う人が沢山いるでしょう。
ですが、この部分をきちんと確認しておかないと、体調を崩してしまうリスクがありますので注意が必要です。

また、何らかのアレルギーを持っている人は特にアレルゲンの表示もチェックする必要があります。
海外製品ですと自己責任になってしまいますので、服用した時に何らかのアレルギー症状が出てしまったら、最悪命に関わる恐れが出てきます。
日本製品に比べますと成分量が異なることから、確かに高い効果を期待する事は出来ます。
しかし、サプリメントは薬ではありませんので、購入をする際には細心の注意が必要となるという事を知っておきましょう。